「ふるさと納税で熊本地震の支援を!」緊急支援募金について

「ふるさと納税で熊本地震の支援を!」緊急支援募金について

2016年4月14日。この日、熊本県を震度7の地震が襲いました。

気象庁によって「平成28年熊本地震」と命名されたこの地震は断続的に揺れが続き、発生から一週間以上経過した現在でもまだ安心はできない状況となっています。

そんななか、被災地である熊本県への支援活動は続けられており、さまざまな物資が現地へと届けられています。

しかし、私たち一般人からすれば何か支援をしたいと思っても、実際に何をすればいいのかわからないこともあります。判断を間違えれば逆に迷惑になってしまうこともあるため、迂闊に動くことはできません。

そんな人に是非知ってもらいたいのが、ふるさと納税による支援です。

実は、ふるさと納税を利用すれば熊本への支援が可能なのです!

「さとふる」で南阿蘇村、菊池市にふるさと納税を

「ふるさと納税で熊本地震の支援を!」緊急支援募金について被災地である熊本県のなかでも、地震の被害が大きかったと報道されている南阿蘇村や菊池市。

そのふたつの地域に対して支援ができるふるさと納税に、大手ふるさと納税サイト「さとふる」から申し込むことができます。

「さとふる」の特設ページからふるさと納税を申し込むと、その全額が南阿蘇村と菊池市に寄付されます。

寄付自体は1,000円から可能となっていますが、寄付金控除の適用額は従来のふるさと納税と同じく2,000円からとなっています。

また、自治体の状況によっては寄付金受領証明書の発行が遅くなることもあるため、その点にも注意が必要です。

このふるさと納税を利用すれば直接被災地を支援することができるので、これまで何をしていいか悩んでいた人はぜひ活用してみてください。

リンク:平成28年熊本地震災害緊急支援募金 | ふるさと納税サイト「さとふる」

ふるさと納税のクラウドファンディングで被災地支援

「ふるさと納税で熊本地震の支援を!」緊急支援募金についてふるさと納税のなかにはガバメントクラウドファンディングという、自治体の課題を解決するために自治体が支援を募集するというシステムのものがあります。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」では、そのクラウドファンディングを利用した被災地支援の募集が行われています。

プロジェクトオーナーである佐賀県のNPO法人自体も被災地での活動を行っています。

「さとふる」でのふるさと納税と同じく被災地への支援ができるので、こちらも検討してみてください。

リンク:ふるさと納税のクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

ふるさと納税以外にも方法はある!

「ふるさと納税で熊本地震の支援を!」緊急支援募金について今回、ふたつのサイトで行われているふるさと納税での被災地支援をご紹介しましたが、ふるさと納税以外にも被災地支援をする方法はあります。

たとえばYahoo!が行っているネット募金や、日本赤十字社の災害義援金。また、被災地である熊本県も地震義援金の募集を行っています。

こういった募金や災害・地震義援金を活用すれば、ふるさと納税でなくても支援をすることができます。

リンク:Yahoo!ネット募金 – クレジットカード、Tポイントで手軽に社会貢献!

リンク:平成28年熊本地震災害義援金|義援金・救援金募集|日本赤十字社

リンク:平成28年熊本地震義援金等の募集について

しかし、募金活動のなかには実際には被災地支援のために募金を使わない詐欺まがいのものもあるため、そういったものには注意が必要です。

今回ご紹介したふるさと納税や義援金などを活用すれば、安心して被災地支援を行うことができます。

ふるさと納税の寄付金についても書かせていただいてますので、よかったらご覧下さい。

リンク:「熊本大地震の支援も可能」ふるさと納税の寄付金について

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.