「自分の控除額はいくら?」ふるさと納税の控除額と調べ方について

「自分の控除額はいくら?」ふるさと納税の控除額と調べ方について

ふるさと納税を活用すれば、地方自治体に寄附をすることで普段納めている所得税や住民税を一定額控除してもらうことができます。

その上、寄附した地域の特産品や関連する特典をもらうことができるため、とても便利な制度であるといえます。

しかし、税金が一定額控除されるとはいっても、どの程度控除されるのかはなかなかわかりづらいものです。

そこで今回は、ふるさと納税での控除額についてご紹介します。

ふるさと納税による税金の控除

「自分の控除額はいくら?」ふるさと納税の控除額と調べ方についてまずは、ふるさと納税での税金控除の基本についてご紹介します。

ふるさと納税では、2,000円を超える寄附を行った際に所得税や住民税の控除が行われます。

以前は寄附金額の1割が税金から控除される仕組みでしたが、2015年4月1日に税制が改正された結果、現在は寄附金額の2割が控除されるようになりました。

たとえば10,000円を寄附した場合、2,000円を引いた8,000円が税金の控除対象となります。

2,000円は控除対象の下限として設定されていますが、自治体によっては独自に最低寄附金額を設定していることもあります。

ふるさと納税での税金控除額はどれくらい?

「自分の控除額はいくら?」ふるさと納税の控除額と調べ方について前述のとおり、ふるさと納税では2,000円を超える寄附をした場合に税金が控除されます。

実際にどれくらいの控除額になるのかは結果が出るまでわからないと思っている人も少なくありませんが、ある程度自身の所得についてわかっていれば自分で計算して控除額を求めることができます。

まず所得税控除の計算方法ですが、これは【(寄附金額-2,000円)×所得税の税率】となります。所得税の税率は課税所得によって決まります。

所得税の控除額の上限は、総所得金額等の40%です。

住民税控除の計算方法は、基本分と特例分で異なります。

住民税控除の基本分の場合、【(寄附金額-2,000円)×10%】となります。

控除額の上限は、総所得金額等の30%です。

住民税控除の特例分の場合、計算方法は【(寄附金額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率】となります。

この計算方法は、特例分が住民税所得割額の2割を超えない場合に適用されます。

特例分が2割を超える場合には、【住民税所得割額×20%】となります。

シミュレーターの利用や自治体に問い合わせることで簡単に知ることも

「自分の控除額はいくら?」ふるさと納税の控除額と調べ方について控除額の計算方法の基本は上記のとおりですが、これを自分で計算するのはなかなか難しいことかと思います。

インターネット上には所得など必要な条件を入力すれば控除額を計算してくれるシミュレーターがあるので、そういったものを活用すると楽に計算できます。

リンク:シミュレーション~概要~ | ふるさと納税サイト「さとふる」

また、自治体に問い合わせて具体的な額を知ることもできます。

控除額ではありませんが、以前に限度額についても書かせてもらいました。

もしよかったらこちらの記事もお読みください。

リンク:「限度ってあるの?」知って損はしないふるさと納税の限度額

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.